Tuesday, April 1, 2008

世界的デザイナー中村勇吾:半年間集中して仕事し残り半年は充電期間にあてる

今日のNHKの番組「プロフェッショナル」ではウェブデザイナーの中村勇吾さんが紹介されていました。

中村さんの公式ページ?
yugop.com 
yugop.jpg
 

中村さんといえば、NECのエコプロジェクトのウェブページデザインで有名ですね。
NEC ecotonoha
ecotonoha.jpg

amaztypeという書籍のイメージでテキストを生成するサービスも中村さんがつくられていたとは知りませんでした。

amaztype
amaztype.jpg

そんな中村さんですが、8年前までは現在の仕事とは関係ないサラリーマンで、独学でサイト制作を覚え、あるサイトが注目をあびたことから現在に繋がっているんだそうです。

その中村さんの言葉の中で印象に残る言葉が多くありました。
「試行錯誤をどれだけできるか」
「(ウェブデザインにおいて理屈抜きの気持ちよさ、なんとなくやっちゃう生理的な気持ちよさが一番大事」
 「最初に驚かせてすーと入ってもらって、その後にも驚きを持ってもらえることが大事。二度驚かせる。」

なかでも特に印象に残ったエピソードが、タイトルにも書いた『仕事は半年間だけ集中して行い、残りの半年は充電期間にあてている』ということ。

請負での仕事ばかりしているとアイディアが型にはまってしまうんだそうですが、見方をかえてみると半年間は自分のための投資の時間と割り切っているということですよね。

アウトプットを出していく一方で、常にそのアウトプットを高めていくための自己投資の重要性を認識させられました。

追記:
F-shinさんのブログにて、中村さんの独立前のことについて詳しく書かれた記事が紹介されていました。

BACKSTAGE REPORT ユニクロ ソーホー ニューヨーク店(「考える人」- 中村勇吾)

番組では紹介されていなかったエピソードも多数掲載されています。

3 comments:

  1. こんにちは、初めまして!
    いやー昨日のNHKの番組見ましたけど、凄かったですね。
    俺もいつかあんな風になってみたいもんです。

    ReplyDelete
  2. ミセス答志島April 3, 2008 at 3:59 AM

    ブログへのコメント、ありがとうございます!
    私でよければ、島のお話をさせていただきます。
    まだまだ若い!?ので、島のことで知らないことも少なくありませんが、30代は島にたくさんおりますので、ご協力できればいいなぁ~と思います。
    ぜひ、答志島にいらしてください。また、ご連絡くださいね。

    ReplyDelete
  3. [テレビ] プロフェショナル仕事の流儀 - ウェブデザイナー・中村勇吾

    FLASH によるクリエイティブで圧倒的な存在感を放つデザイナーの舞台裏を覗く貴重な機会と言えるインターネットの世界で魔術師と呼ばれる男がいる。その名も...

    ReplyDelete