Saturday, January 20, 2018

クラウドファンディングを始めたら深センの大手工場から連絡がきた

昨年の12月にInfinity Ventures SummitのLaunchPadというスタートアップの登竜門となるピッチイベントに登壇させていただき、そのタイミングに合わせてクラウドファンディングキャンペーンを開始しました。

Indiegogo: hackfon - Turn Your Analog Phone to a Smart Remote

本来なら、もう少し準備が整った段階でスタートさせたかったのですが、前述のイベントに登壇できるという機会があったため、まだコンセプトから半歩進んで理論試作品ができているという段階でしたが、低めのターゲットでクラウドファインディングを開始。おかげさまで1週間ほどでターゲットを達成させていただくことができました。

突然Facebook Messengerに届いたメッセージ

そのターゲットを達成する前、まだ2000ドルも支援が集まっていない段階で、あるFacebookメッセージを受信しました。

30年以上EMSを行なっている会社から、このhackfonという製品の製造パートナーになりたい、との連絡でした。

馴染みのない方のために説明させていただくと、EMSというのは海外に安価に荷物を発送できる郵便局のサービスではなく、製造受託で電子機器などを生産するElectronics Manufacturing Serviceのことです。

このメッセージを突然Facebook Messengerで受け取ったときには、詐欺かな、と思いましたが、先方の会社のHPをみてみると、とてもしっかりとしている様子。

やりとりをしてみると、本社はシンガポールにあり、工場が深センの近くの東莞にあるとのこと(タイトルには伝わりやすいように深センの工場としましたが、正確には深センのお隣の東莞です)。たまたま、連絡を受けた翌週くらいから、深センにあるジェネシス社さんにて、工場の工員として体験インターンをする計画を立てていましたので、その機会に足を伸ばして、先方の工場に伺ってみることにしました。

(その時のインターンの様子を、一緒にインターンされていた伊藤亜聖さんがブログにまとめられています:深圳在外研究メモ No.43 電子製品製造受託のJENESISでインターンしてみた編~緊張感がないと日本市場向けのモノは作れない )

行ってみて驚かされた巨大な工場

深センでインターンさせていただいてる1週間の合間に、深センから高速鉄道で1時間弱のところにある駅に移動し、先方のお迎えで、工場へと向かいました。


工場に近づくと、車の中だったので全景を撮れなかったのですが、かなり大きな工場。あとで聞かされたところ、サッカーコート11面の広さがあり、この写真の左手が4階建ての工場棟、右手が倉庫棟で、倉庫のさらに右隣に、従業員用の寮が併設されているというかなりの大規模な工場でした。

従業員数は3500人。ちかくに1/4ほどの大きさの第二工場があり、さらに徒歩数分のところに第三工場の建設に着手したとのこと。


こちらの工場では、製品の金型から一貫して全て自社内で生産しているそう。ちょうど年末で清掃日で生産を行っていなかったため、製品が映り込む心配がないということから工場内をかなり自由に写真撮影させていただくことができました。

こちらが主に製品のプラスチック外装などを生産しているフロアー。

ずらっと並んでいる金型をインジェクションする機械。写真に映り込んでいない機械もかなりあったのですが、これだけでも相当な規模です。

一つ上のフロアーにあがると組み立てのライン。こちらも何百人単位で作業できる巨大なスペースでした。

さらに上のフロアーにあがると、ずらっと大量のPCBの機械が。窓越しだったので、あまり広角で撮影できなかったのですが、何台あるんだろ...。

こんな感じで、機械の清掃やメンテナンスをされているところでした。

こちらのお二人に工場をかなりくまなく紹介いただきました。


ハードウェアスタートアップを支援するEMS

さて、当然の疑問ながら、まだ歩き始めたかどうかも定かではないハードウェアスタートアップになぜ声をかけていただいたのだろう?という疑問がでてきます。

弊社でクラウドファンディングを始めた製品が、アナログ電話機に繋げると、アナログ電話をダイヤルすることでIoT機器やWebサービスを操作することができるスマートリモコンに変えてしまうというものです。いわば、電話機のダイヤルを、プログラムできるAmazonダッシュボタンのように使うことができ、特定のボタンやダイヤルの組み合わせによって、HueライトなどのIoT機器をワンタッチで操作したりすることができます。

こちらのEMSは30年以上、電話機を製造しており、現在の主力製品が電話機やルーターなどといった通信機器と、LEDなどの照明機器なのだそう。

そうしたことから、hackfonというアナログ電話機という枯れた技術を活用し、スマートデバイスとして生まれ変わらせるというコンセプトの弊社製品に興味をお持ちいただいたのだそうです。

それにしても、このようなかなりの大手と思われる会社が、このように迅速に動かれるとは...。

話をきいてみると、私も拝見したことがあるフランスのハードウェアスタートアップの製品の設計や、製造を手がけていたり、blinkという昨年Amazonに買収された会社のスマートセキュリティーカメラ製品はこちらで量産化のための設計や製造がされているのだそう。


こちらの会社に訪問したあとのCES Unveiledと、CESでもblinkという会社のブースをみることができました。

 (CES Unveiledにて。スタッフの方がちょっと疲れたような表情をしている写真になってしまいました...)

こちらのblinkのセキュリティーカメラですが、すでに何万個も(しかも後半のほうの数字が)販売されているとのこと。スマートセキュリティーカメラという、悪く言えば今どきですごく際立った特徴があるわけではないのですが、$99という手頃な価格で購入ができ、Amazonでも900以上のレビューがありながら評価が4以上という高評価を保っています。

そのあたりがアマゾンによる買収の決めてにもなったのでしょうね。

ただこちらの製品は、Best BuyではEコマースサイトや店舗などでも探してみましたが販売されていない模様。もしかしたら、販売マージンの低いAmazonでの販売に特化した価格設定を行っているのではないかと思いました。

貪欲な深センの製造業

こちらの会社はシンガポール本社で、本工場が東莞にあるということで、他の中国本社の製造業と一緒にするのは、適切ではないかもしれませんが、次の成長機会のために、弊社(FutuRocket)のような小さなスタートアップにも声をかけていただくような貪欲な姿勢には敬服させられました。

工場をみせていただいただけではなく、NDAも弊社フォーマットに沿って適切に手続きを迅速に進めていただいたり、打ち合わせのあとは、翌日にすぐに簡潔で論点がまとまったWrap Upのメールが送られてきたり、いまでもフォローアップのメッセージが、きちんとWeChatで送られてきたり、と、ものすごくしっかりとしているんですよね。

印象としては、深センのスピード感を保ちながら、日本や台湾の企業にあるような法務やきちんと抑えるべきところをきっちりと仕事をされているという、日本と中国の両方の良さを兼ね備えた会社であるように感じました。

また上記で触れた、フランスのハードウェアスタートアップ製品の量産のための再設計の見積金額などはかなり安価だと感じる金額でした。

工場もとてもキレイで、最新の設備の機会をきちんとメンテナンスし、日本のような6S活動にも真面目に取り組んでいるように見えました。


(工場内で掲げらていた6S:整理、整頓、清掃、清潔、躾、安全の掲示。最後だけ英語でSafetyなんですねw)

おそらくこれからもやりとりさせていただいたり、お付き合いさせていただくことになる会社になるのではないかと思います。

最後に余談ですが、hackfonというindiegogoでクラウドファンディング中の製品ですが、まだ20日間ほどキャンペーン期間を残しており、500円から支援いただけるようにリワードを設定しています。

興味をお持ちいただいた方には、このような報告を今後の製造などの過程を共有させていただきながら、製品を作り上げていきたいと思いますので、ご支援お待ちしています。


Monday, October 16, 2017

【PR】戦艦大和のダイキャストモデルを組み立てみました。

 [ PR by BLOGTIMES ] 
自分のとても興味がある商品のレビュー依頼があったので、思わず即ポチしてしまったのが、戦艦大和のダイキャストモデル。

現在、テレビCMでも流れている定期購読で組み立てをしていくモデルです。
1/250スケール、全てを組み垂れると全長1メートルを越すという巨大スケールと、メタルボディーに興味深々。


届いて、すぐ開封・・・・の予定だったのですが、あいにく商品が届くタイミングで出張が入り、加えてかなり帰国のタイミングが遅れてしまったため、届いてからかなり時間がたたって組みたてをすることになってしまいました・・・・トホホ。


開封をして驚いたがのがこのサイズ。戦艦のほんの舳先、戦闘の部分でまだ甲板の板張りの部分が始まる前の部分でこの大きさです。スーファミのリモコンはサイズが分かり易い長に、ちょっと入れてみました。


早速、同梱のマガジンを見ながら組み立てました。
メタルならではの質感がとにかくすごい・・・手にすると圧倒的な存在感です。

マガジンの組み立ての説明がわかりやすく、さくっと創刊号の艦首部分を組み立てることができました。

この質感は協同開発をされている京商さんがいてこそ成せる技ですね。

商品の詳細はこちらのページにて、紹介されています。

ブログタイムズ

Thursday, July 13, 2017

LINEはSMS認証をなくして欲しい

LINEによるAmazon Echo Dot、Google Home的な商品、ClovaのWAVEがいよいよ先行予約を開始したということで、早速購入をしようと先行販売ページに出張先の欧州のホテルから早朝に起きてアクセスしました。

Clova

送付先情報を入力して、支払いをしようとPaymentボタンを押すと、スマホのアプリでSMS認証を求められました。

ちょうど海外出張中だったので、SMSを受け取れるSIMは日本においてきてしまっており、日本の番号を入力してもSMSを受け取ることができません。

普段は、電話をあまりかけないので、電話番号維持のためにソフトバンクのプリペイドSIMで電話番号を保持しており、国内では普段はmvnoのデータ通信専用SIMを、海外では現地SIMを利用しています。mvnoのデータ通信専用SIMはSMS付にもできるのですが、海外へのローミングにはまず対応していないので、SMSプランは申し込んでいません。(こうしたケースではSMSを受け取ることができないので)

「格安SIM」で国際ローミングはできますか?

海外でもmvnoのSIMでSMSを受け取るようにするには、通話SIMで海外ローミングに対応しているもの、ということになるのですが(あるいはソフトバンクのプリペイドSIMか、普通にキャリアのSIM)そもそも電話をしないし、通話はLINEがあるからこそ、使わなくて済んでいるので、あえて通話SIMを申し込む動機はあまりないわけです。

LINE Payで利用する電話番号を変更しようとすると、一度LINE Payの解約をしないといけないというメッセージが表示されました。

いくらかポイントが残っていたような気がしますが、早く購入しないとWAVEが売り切れてしまうと思ったので、少し躊躇したあと、一旦解約して、SMSを受け取れる現地番号で再度LINE Payを登録することに。

現地のSIMでLine PayのSMS認証をパスしようと、フランスの番号を登録すると、「WAVEはフランスからは購入できません」のエラーメッセージが。

またこの時点でLINEアカウントに登録されている電話番号が日本の番号から、フランスの番号に切り変わってしまい、登録されている番号を変更しようとすると、なぜか国の変更が選択できなくなっており、フランスの番号しか入力できなくなってしまいました。

というわけで、この時点でサポートに連絡するしか、LINEのアカウントに紐付いている番号を日本の番号に戻すこともできなくなり、完全に詰んでしまいました。。。


幸い、友人にお願いして自分の分のWAVEも購入してもらったので、WAVEをゲットするという当初の目的はなんとか達成できそうです。

日本に戻ったら、サポートに日本の番号への戻し方を依頼しないと。一度解約したLINE Payにあったポイントは戻ってこないだろうなー。いろいろとめんどくさい。


それにしても、この仕樣だと、LINE Payを出張中に決済しようとすると、海外で日本の番号でSMSを受信できることが必須となってしまいますよね。
そうなってしまう事情もわからなくはないのですが、ユーザーエクスペリエンス的には超絶イケていない仕樣なので、もう少し工夫してもらえると嬉しいな、と思っています。

Monday, November 7, 2016

ニコ技シンセン深圳観察会に参加してきました

先月、ドバイでの展示会の帰りに、深センに立ち寄ってニコ技シンセン深圳観察会に参加してきました。

深センは会社のメンバーが工場に訪問をする機会が多いのですが、僕のほうは海外での営業やマーケティングが主業務のため、展示会にいくことやお客様に訪問することはあってもなかなか工場にいく機会はなかったりします。

高須さんのメイカーズエコスシステムという、深センのモノづくりの状況を紹介した本がとてもおもしろかったので、ずっと気になっており、ドバイからの帰りにちょうど香港をこのタイミングで寄れたので、運良く深センにも足を運ぶことができました。

メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (NextPublishing)メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (NextPublishing)
高須 正和

インプレスR&D 2016-04-22
売り上げランキング : 20405

Amazonで詳しく見る by G-Tools

台風が香港到着直前にきていたことから、深センメイカーフェアが順延となりましたが、一日だけ参加してきました。訪問したのは、上記の本の中でも登場するSeeed、ジェネシスそしてNXROBOとMakeblockの4社です。

最初に訪問したのは、ホーム用ロボットを開発しているNXROBO社。(http://www.nxrobo.com/)


オフィスにいるメンバーはまだ10名ほどのスタートアップらしい雰囲気。


このNXROBO社のホームロボット、BIG-iは家の中を動き回り、音声認識で家電を操作してくれたり、玄関へ移動して訪問者の情報を伝えてきれたり、とコンシェルジュ的に働いてくれるロボット。廊下でデモンストレーションを拝見させていただきました。BIG-iはKickstarterで19万ドルを集めています。

BIG-i: The First Personalized Family Robot

一般に販売されるときの価格は約1000ドルほどになるようです。



CEOの林天麟(LAM, Tin Lun氏)。様々なロボットを作り続けてきて、このNXROBO創業に繋がっています。


NXROBO社のオフィスはこの南京大学の深セン研究施設の中。深センの科苑駅周辺は、こうした各地の大学の施設が集まっていて、R&Dの拠点にしていこうとしているようです。

次に、Seeed社のAgile Manufacturing Centerを訪問しました。


Seeedは、10枚ほどの簡単なプリント基板であれば、9.9ドルから発注できるようにしたサービスで世界中から注文を受け付けており、こうして受け取った注文の中からオープンにしてもよいと許諾を得たデータを他のユーザーに対してもオープンにしています。

また需要が多い基板はSeeedが製品化していて、それを自社のサイトで販売しています。

Seeed Studio

僕もこの訪問する前に深センMaker FaireのSeeedブースで展示されていたAruduboyという超小型ゲーム機が気になっていて、これはちょっと買ってみようかなと思っています。




深センMaker FaireでのSeeedブース。


こちらがArduboy。ものすごく小さい。そしてとても薄いです。お値段は49ドル。

Arduboy


こうした製品を日々作り出している工場の中をViolet Suさんの案内で見学させていただきました。


工場内での服装ルール。今回訪問した工場では、どこでもこうした規則がしっかりとしていました。


作業されている工場スタッフは、かなり若い方が多かったです。15歳から仕事を始めている人も珍しくなく、日本で大学生が卒業する年齢には、すでに7年の経験を積んでいるという若手ベテランスタッフも珍しくないのだそう。


スタッフの方は、このスツールに座ってずっと作業をされていました。この椅子で長時間作業するのはちょっと大変じゃないかな、とちょっと心配。

三件めは、深センを代表するハードウェアスタートアップとなり、深センを拠点とするハードウェアアクセラレータHAXが支援する会社の中でも1位を争う成功事例となったMakeblockのオフィスを訪問しました。

Makeblock


Makeblock社はこのオシャレなオフィスビルの中。UCバークレーも参加している場所のようで、建物の名前Tsinguhua-Berkeley Shenzhen Instituteと共にUCバークレーの学章も入り口に掲げられていました。


Makeblockはこの手前のmbotというトイロボットで有名になった会社。この製品の存在は私も知っていたのですが・・・



ドーンと、拡張パーツが充実していて、どれも安価で提供されています。こんなに自由度が高い拡張パーツが充実したシステムを形成していたとは。


こうしたパーツを使って、3Dプリンタも作れちゃいます。


参加者もみんな、すごく楽しそう。これをみて興奮しないガジェット好きはいないですよね。


Makeblockの試作品が作られたりするスペース。


社員の通勤自転車もコーポレートカラーのブルー。


執務スペースもとてもオシャレです。


珍しいピンク色のmBotもいました。


高須さんに説明いただいてわかったのですが、このビルのエントランスフロアに並んだこの箱、お弁当宅配専用の受取ロッカーなのだそうです。

最後に、深センでメーカーやスタートアップ向けに工場を製造受託をされているJENESISさんを訪問しました。

JENESIS



こうした様々な製品を製造されています。特に日本のお客様で、もう中国での製造を諦めたところ、最後の頼みの綱としてジェネシスさんにお願いされるお客様も多いのだとか。弊社(Cerevo)も、主にCerevo CAMの製造などでいろいろとお世話になっています(私がCerevoに参加する前のお話)。


こちらの工場は、Seeed社の工場以上に整理されていてきれいです。



この工場の椅子はこのプラスチック製のスツール。こちらのほうが木の椅子よりは楽そう。工場の椅子がスツールなのには何か理由があるのかもしれないですね。この疑問については、質問し損ねました。


ジェネシスさんの工場では、中国の他の一般的な工場の、とにかく出荷してしまおうという姿勢とは違い、なるべく不良品を除く、という姿勢でいて、通常は製造直後にQAをするところ、高温多湿という環境で長時間動作を行ってから、QAをするのだそうです。一定時間動作したあとに出てくる不具合はこうしてあらかじめ一定の負荷をかけてからテストすることによって弾いているのだそう。


こちらが製品テスト中の様子。かなり人数を割いて、力をいれてやられているのがわかります。


こちらの箱に入っているのは部品なのですが、中国のダンボールはホコリっぽく、ケバがでやすいので、ホコリが工場内に混入しないよう、別のスペースで保管、開梱しているのだそう。


工場内の掲示板には社員旅行の写真が貼ってありました。ホワイトカラーとブルーカラーのスタッフが仲良くなることにも役立っており、収入の多くを仕送りで地元におくってしまう工員にとっては、自分のお金でなくても遊びにいけるこうした機会は好評だそうです。

この後、参加者の皆さんで飲み会に。

翌朝の香港のフライトでの帰国だったので、飲み会の途中で失礼させていただきました。またぜひ参加したい会です。再見!


Sunday, October 23, 2016

Nintendo Switchには期待大だけど画面サイズが気になる。そして数年後には解像度がネックとなるかも

Nintendo Switch発表されていろいろと記事が出てきていますね。

ニンテンドークラッシクミニファミリコンピューターは予約し、そちらには入っていないメトロイドが内蔵されるNintedo Classic Mini NESも気になっている私も、仕事の合間にようやく、Nintendo Switchのことをあれこれと考え始めました。

個人的に画面サイズが気になっています。

小型なので、出張中にも手軽に持っていけそうなのが嬉しいですが、一定のサイズがないと本体単体で遊ぶときの没入感があまりないですし、テレビに接続できるとはいえ、画面のUIは本体のみで遊ぶときも想定して設計されますので、本体サイズがかなりユーザーのゲーム体験に影響を与えていくのではないかと思っています。

GIGAZINEでは海外の本体サイズの予測記事を紹介していますね。
ニンテンドースイッチの大きさはどれくらいなのか?力業で測るとこうなる

これをみてみると、
タブレット自体の大きさは最大横184.1×縦106.4mm。横158.2×77.9mmのiPhone 7 Plusよりは大きく、横203.2×縦134.8mmのiPad mini 4より小さいという感じです。
と紹介されていますが、iPhone 7 plusと比べて、Nintendo Switchにはベゼル幅がそれなりにありますから、画面サイズは7インチくらいなんじゃないかと思われます。iPad mini同様の7.9インチはなさそう。

個人的には、大画面がわりと好きで、タブレットもXperia Z2 tabletの10.1インチサイズを愛用しているので、ちょっと物足りないかな...。8インチくらいの大きさがあると嬉しいのですが、 ちょっとこのサイズは厳しそう。

ただ個人的には小さいサイズのものを好みとしている場合もあり、iPadはminiシリーズを購入していましたし、一眼レフはPENTAXの最小サイズだったものを利用してきて、いまではPenシリーズを経て、EOS-M2を愛用してきているので、実際にはこのサイズがしっくりくるのかもしれません。

ニンテンドークラッシクミニファミリコンピューターもコントローラーの小ささが気になっていますが、実際には触ってみないとわからないところですね。


そして、この画面サイズに加えて、解像度についても少し気になっています。

おそらくNintendo Switchは、この画面サイズから考えてもフルHDの解像度対応として登場するでしょう。ただ、もしかしたらこのことが数年後に足枷になってくるかもしれない、と思っています。

任天堂はかつて、Wiiシリーズがあまりにも成功したために、HDへの対応が大きく遅れました。任天堂のゲーム機がHDに対応したのは、Wii Uが登場した2012年末になってようやくのことであり、ソニーのPS3発売から6年後のことでした。(とはいえ、WiiやPS3が登場した2006年ではテレビのHDへのシフトがこれだけ早く進むのを予見するのは難しかった面もあるでしょうし、ある意味任天堂にとって不幸なことでした)

AppleはiPad ProやiPad miniなどで高解像度対応を進めていますし、ソニーはPS4 Proで4Kへの布石を打っています。ソニーは4K専用ゲームをリリースしないという方針ですが、4Kディスプレイの低価格化や普及も進んでおり、4Kに特化したコンテンツが今後予想以上に普及し、一般的なものとなるかもしれません。

HTC VibeやGear VRなどでVRコンテンツを体験していると、最初は没入感に夢中になるのですが解像感が足りないな、と感じることがあり、VRへの対応という意味でも高解像度化は意味を持ってくるところだと思います。

VR、これから高解像度か、小型か、軽量化か
「理想的な解像度は『8K』以上」(ソニー)

とはいえ、PS4 VRも解像度はフルHDですし、こうした考えは杞憂かもしれませんね。スマホの進化の速度も落ち着いてきた感じがしますし。

ただハードウェアの制約は後から補っていくのは難しいので、任天堂にはもう少し高スペック寄りに指向していって欲しいなと思っています。価格との兼ね合いで難しいところなのでしょうが。

余談ですが、テスラは先に未来に必要となるハードウェアを先行して搭載してしまい、後からソフトウェア・アップデートにより機能対応していくというスタンスをとっています。

テスラの全車両に完全自動運転を可能にするハードウェアを搭載へ

NINTENDO 64では任天堂もゼルダで、メモリー拡張パックを出していましたので、NINTENDO SWITCHでもこうした将来へのアップデート対応がもしかしたら仕込まれているのかもしれないと考え始めたりすると寝れなくなりますね。

早く遊べるのを楽しみにしていますが、まずは年末は小さなニンテンドークラシックミニを鞄に入れて出先にも持ち運んだりして堪能したいと思います。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルポストカード(30枚セット)付
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルポストカード(30枚セット)付
任天堂 2016-11-10
売り上げランキング : 162


Amazonで詳しく見る by G-Tools